小林国際特許商標事務所ブログ

« 人型ロボット「Pepper」が立体商標に(ソフトバンクロボティクス) | 日本の会社、シンガポール「ティラミスヒーロー」の類似ロゴを商標登録 »


世界の特許出願件数が過去最高の317万件、中国が4割超える

出願件数.jpg
WIPO(世界知的所有権機関)は、2017年の特許出願件数が前年比
5.8%増の316万8900件になったと発表しました。8年連続の増加で
過去最高を更新。
特許出願の受け付け国・地域当局別件数をみると、1位は中国の138
万1594件で、7年連続の首位。前年から14.2%増え、全体の43.6%
を占めました。2位は米国の60万6956件(前年比0.2%増)、3位は
日本の31万8479件(同0.03%増)で、いずれも微増。
 4位は韓国の20万4775件(同1.9%減)、5位は欧州特許庁(EPO)
の16万6585件(同4.5%増)。上位5位の全体に占める割合は84.5%。
WIPOが昨年3月に発表した国際特許の出願件数では、中国が日本
を初めて抜き、米国に次ぐ2位となりました。中国での出願は、電子
機器やコンピューター技術、デジタル情報通信の分野が目立っており、
情報通信などのハイテク産業を育成するため、知的財産権の保護を積
極的に進める姿勢を改めて裏付けた形です。
企業による国際特許出願件数でも、通信機器大手の華為技術(ファ
ーウェイ)、中興通訊(ZTE)をはじめとしたハイテク企業が大幅に出
願を増やしています。
一方、トランプ米政権は、中国が技術移転を強要するなど、知的財
産権を侵害していると批判、米中貿易摩擦の要因の一つとなっていま
す。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://koba-pat.com/mtos4/mt-tb.cgi/216

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

calender
2019年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
ホーム | 事務所概要 | アクセス | 弁理士紹介 | ご依頼方法 | 料金一覧  | お問い合わせ | お役立ちリンク
特許・実用新案 | 意匠登録 | 商標登録 | 知的財産法務 | 知財情報サービス | 外国出願 | セミナー・取材・著書 | 知財経営コンサルティング | ブログ
小林国際特許商標事務所
〒530−0001 大阪市北区梅田1丁目2番2-1200号  大阪駅前第2ビル12階  TEL(06)6346-0182  FAX(06)6346-0183