小林国際特許商標事務所ブログ

« 平成30年度の特許出願技術動向調査を公開(特許庁) | AI関連発明とビジネス関連発明 »


●人工知能(AI)関連特許の出願件数が増加(特許庁)

特許庁は、人工知能(AI)関連発明の国内外の出願状況調査の結
果を発表しました。
https://www.jpo.go.jp/system/patent/gaiyo/sesaku/ai/ai_shutsugan_chosa.html

AI関連発明の国内特許出願件数は2014年以降急増しており、17
年は3065件で前年と比べ約65%の増加。このうちAIのコア技術に
関する出願は924件で前年と比べて約55%と急増しています。
調査は、国際特許分類G06Nに対応するAIのコア技術に関する発
明に加えAIを各技術分野に適用した発明も含まれています。
AI関連発明に用いられている主要な技術は機械学習で、その中で
も深層学習(ディープラーニング)に関する出願が14年以降に急増
しています。17年における国内のAI関連発明の特許出願3065件の
内1419件と46%を占め、約半数が深層学習に関連するものです。
適用分野としては画像処理や情報検索、ビジネス関連、医学診断
分野が目立ち、近年は特に制御・ロボティクス分野への適用が増加
しています。
AIのコア技術に関する出願状況は、日本、米国、欧州特許庁、中
国、韓国の五庁と、PCT国際出願の全てにおいて増加傾向が見られ
ますが、2016年の五庁の出願件数を比較すると、日本447件、米国
が4170件、欧州特許庁367件、中国2844件、韓国567件と、米中
両国が突出しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://koba-pat.com/mtos4/mt-tb.cgi/225

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

calender
2019年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ホーム | 事務所概要 | アクセス | 弁理士紹介 | ご依頼方法 | 料金一覧  | お問い合わせ | お役立ちリンク
特許・実用新案 | 意匠登録 | 商標登録 | 知的財産法務 | 知財情報サービス | 外国出願 | セミナー・取材・著書 | 知財経営コンサルティング | ブログ
小林国際特許商標事務所
〒530−0001 大阪市北区梅田1丁目2番2-1200号  大阪駅前第2ビル12階  TEL(06)6346-0182  FAX(06)6346-0183