小林国際特許商標事務所ブログ

« ●人工知能(AI)関連特許の出願件数が増加(特許庁)


AI関連発明とビジネス関連発明

AI.jpg
ビジネス関連発明とは、ビジネス方法がICT(情報通信技術)を
利用して実現された発明といえます。特許制度では、販売管理や生
産管理に関する画期的なアイデアを思いついたとしても、アイデア
そのものは特許の保護対象になりません。一方、そうしたアイデア
がICTを利用して実現された発明は、ビジネス関連発明として特許
の保護対象となります。
近年、スマートフォンやSNSの普及に加え、AI、IoT技術の進
展により、ICTを活用した新たなサービスが創出される分野(金融
分野やヘルスケア分野など)が拡大しています。
また、ビジネス関連発明はAI(特にデータの学習に基づいて判断
を下す機械学習技術)と親和性が高く、AIを活用してビジネス上の
課題解決を図るケースが増えています。
ビジネス関連発明の上位5分野におけるAI関連発明の出願件数
をみると、いずれの分野においても、2015年以降、AI関連発明が
増加しています。特にAIの適用が目立つ分野は「管理・経営」と
「ヘルスケア」であり、対象の予測、最適化、診断、検知等をAI
によって実現する発明が増加しているものと考えられます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://koba-pat.com/mtos4/mt-tb.cgi/226

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

calender
2019年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ホーム | 事務所概要 | アクセス | 弁理士紹介 | ご依頼方法 | 料金一覧  | お問い合わせ | お役立ちリンク
特許・実用新案 | 意匠登録 | 商標登録 | 知的財産法務 | 知財情報サービス | 外国出願 | セミナー・取材・著書 | 知財経営コンサルティング | ブログ
小林国際特許商標事務所
〒530−0001 大阪市北区梅田1丁目2番2-1200号  大阪駅前第2ビル12階  TEL(06)6346-0182  FAX(06)6346-0183