小林国際特許商標事務所ブログ

« 知財侵害品の輸入差し止め、五輪グッズの模倣品が増加(財務省) | 令和元年意匠法改正の特設サイトを作成(特許庁) »


ノーベル賞の本庶教授が特許使用料めぐり提訴(大阪地裁)

 がんの治療薬「オプジーボ」につながる研究で、2018年にノ
ーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学の本庶佑特別教授は、「オ
プジーボ」の特許使用料をめぐり、薬の製造販売を手がける小野薬
品工業に対し、特許使用料の分配金約226億円の支払いを求め、
大阪地裁に提訴しました。
 訴状によりますと、オプジーボの特許権を本庶教授と共同で申請
している小野薬品工業は、類似薬を製造する米国の製薬会社に対し
特許を侵害しているとして訴えを起こし、製薬会社が売り上げに応
じた特許使用料などを支払うことで和解しました。本庶教授は要請
を受けて訴訟に協力した対価として、小野薬品工業が得た金額の4
0%を支払うという説明を受けていたとしています。
 しかしその後、小野薬品工業から一方的に支払いを1%にすると
いう通知が来たということで、本庶教授は、当初説明を受けていた
40%分にあたる226億円あまりの支払いを求め、大阪地裁に提
訴しました。提訴を受けて小野薬品工業は本庶教授の主張に反論したうえで
「当社の正当性について司法の場で主張していく」として、裁判で
争う姿勢を示しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://koba-pat.com/mtos4/mt-tb.cgi/231

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

calender
2020年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ホーム | 事務所概要 | アクセス | 弁理士紹介 | ご依頼方法 | 料金一覧  | お問い合わせ | お役立ちリンク
特許・実用新案 | 意匠登録 | 商標登録 | 知的財産法務 | 知財情報サービス | 外国出願 | セミナー・取材・著書 | 知財経営コンサルティング | ブログ
小林国際特許商標事務所
〒530−0001 大阪市北区梅田1丁目2番2-1200号  大阪駅前第2ビル12階  TEL(06)6346-0182  FAX(06)6346-0183