IPM国際特許商標事務所ブログ


知財権侵害で輸入差止、五輪グッズの商標権侵害が増加(財務省)

財務省は、平成30年上期(1~6月)に知的財産権を侵害する
物品の輸入を全国の税関で差し止めた点数が、前年同期比で約2.4
倍の65万点を突破したと発表しました。このうち偽ブランド品な
ど商標権の侵害が約3.5倍の約56万点で83.6%を占めています。
2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、商標権などを侵害した
ピンバッジやTシャツといった関連商品が増えています。
侵害物品件数では、13,833件と10.2%減少したものの引き続き
高水準です。偽ブランド品などの商標権侵害物品が13,512件(構
成比97.2%)で、引き続き全体の大半を占め、次いで偽キャラクタ
ーグッズなどの著作権侵害物品が208件でした。
地域別の輸入差止件数では、中国が全体の89.0%(12,308件)
を占めています。品目別に見ると、医薬品の輸入差止点数が310,815
点、家庭用雑貨の輸入差止点数が56,911点と大幅に増加しました




審査請求料、特許料等を1/3に軽減(特許庁)
商標登録出願の分割要件を強化(改正商標法)
外国特許・意匠・商標制度セミナー終了(大阪発明協会)
「醤油卓上瓶」が立体商標に登録(キッコーマン)
MBS"ちちんぷいぷい"でコメントが紹介されました(「そだねー」商標登録出願)
人気ゲームめぐり任天堂がコロプラを提訴(東京地裁)
地域団体商標のマーク作成(特許庁)
マンガで知財の歴史を紹介
中小企業の軽減制度を大幅見直し(特許庁)
世界の特許出願、中国が6年連続で1位
calender
2018年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ホーム | 事務所概要 | アクセス | 弁理士紹介 | ご依頼方法 | 料金一覧  | お問い合わせ | お役立ちリンク
特許・実用新案 | 意匠登録 | 商標登録 | 知的財産法務 | 知財情報サービス | 外国出願 | セミナー・取材・著書 | 知財経営コンサルティング | ブログ
IPM国際特許商標事務所
〒530−0001 大阪市北区梅田1丁目11番4号  大阪駅前第4ビル15階  TEL(06)6346-0182  FAX(06)6346-0183